日本なら出来る「脱炭素社会」の実現
(脱炭素化100年の計)
 はじめに自己紹介を申し上げます。私は、コロナ禍以前から度々、デジタル化、IT化、そしてインターネット放送についてご提案を申し上げてきた紫波町の佐藤祐輔と申します。本業の眼鏡店の事業の傍ら、インターネット放送について研究を行って参りました。嘗て、小泉純一郎総理大臣が唱えられた「e-Japan」を構想し続けているうちに、いつの間にか70歳を越えておりました。コロナ禍によって、世の中がやっと「IT」や「デジタル」に目を向けるようになりました。20年の歳月で作り上げたインターネット放送を地域の情報源としてコロナ禍の克服に役立てたいと考えております。
 さて、10月26日に菅義偉総理大臣の所信表明演説を拝聴いたしました。コロナ禍の中、将来に向けて「脱炭素化」「行政改革」「デジタル化」「地方活性化」と大変素晴らしい内容であると感じました。
 そこで、その取り組みを強力に推進できるプロセスのプランとして「日本なら出来る『脱炭素社会』の実現」と題する提案を、内閣府のメールフォームから、菅首相と小泉環境大臣にお送り致しました。
http://shiwa.mobi/diary/2020/10/24datutanso/
http://shiwa.mobi/diary/2020/10/24datutanso/ QRコードをタップすると
Webサイトが開きます。
 先月末には菅首相へ対して内閣府のメールフォームから「コロナ禍を克服するためのベーシックインカムによるSDGs実現プラン」というご提案を申し上げております。
http://shiwa.mobi/diary/2020/09/25SDGs/
http://shiwa.mobi/diary/2020/09/25SDGs/ QRコードをタップすると
Webサイトが開きます。
 脱炭素社会の実現には地方の取り組みが重要であると考えます。もし、このプランがモデルとして実証されれば、地方の自治体ごとにエネルギーの地産地消が実現して地域活性化の礎となります。計画完遂のためには行政改革が必要になり、また、デジタルデバイドの高齢者を含めた住民の理解と協力を得るためにはデジタル化の進捗が必要です。
 無限で無料の太陽光と費用の掛からない揚水発電ダムで脱炭素社会が実現すれば、ベーシックインカムが可能になり人々の心が豊かになって、100年後まで争いのない穏やかな世界が訪れます。
 ぜひ、お取り組みのご検討を頂きたくご提案を申し上げます。
■詳細は下記へお問い合せ下さい。
 インターネット放送研究所 代表 佐藤祐輔
http://shiwa.mobi/diary/2020/10/28iwate/ メール info@iwate.tv
携帯  090-2952-0791
電話  019-676-2838
事務局 ㈲佐藤時計店