小水力発電によるベーシックインカム
日本小水力発電株式会社

 小水力発電事業は、電力会社だけのものではありません。個人、市民団体、地方自治体など、誰でも可能です。また小水力発電は、落差と水量があればどのようなところでも設置できます。
日本発電株式会社
→ここをタップ

 地域貢献型小水力発電開発
群成舎
 再生可能エネルギーを有効活用し、自然環境に配慮した電気エネルギーを生み出す。
→ここをタップ
 我国はエネルギー源の8割を輸入に依存しているという、極めて脆弱な構造を有しています、
当社の小水力発電事業は、この構造を少しでも改善していくために、中小河川、農業用水、ダム放流水、上下水道など現在未利用である再生可娠Tネルギを有効活用し、自然環境に配慮して、私たちの生活に必要な電気エネルギを生み出す事業です。
 今後、小水力発電は、地球温暖化防止対策、地域の活性化などの切り札として、大いに普及が期待されます。
鶴見製作所-ツルミポンプ
マイクロ水力発電
→ここをタップ
ローコスト&ハイパワー!小水量にもフィット。災害時の緊急電力にも対応。
小水力発電を行うための
水利使用の登録申請ガイドブック (国土交通省)
→ここをタップ
 日本では、四季の恵みがもたらす雪どけ水や梅雨などから得られる豊富な河川水を利用して、古くから山間部等で水力発電が盛んに行われてきました。最近では地球温暖化対策として、温室効果ガスを排出しないクリーンな再生可能エネルギー利用を推進するための新技術の開発により、平地部の水路等、既存の水路工作物を利用した小規模な水力発電が多く計画されるようになりました。
このような水力発電は、水量と落差の関係から出力も小さくなることが一般的ですが、河川の水や土地の利用にあたっては、工作物の規模や出力の大小に係わらず河川法に定められた手続が必要になる場合があります。
 このガイドブックでは、既存の水路工作物等を利用して行う小規模、小出力の発電を総称して「小水力発電」と呼び、河川法に定められた手続が必要になる場合の申請手続と申請に必要な書類の作り方を説明します

(平成25年12月)
揚水発電(Wikipedia)
→ここをタップ
 揚水発電(Pumped-storage hydroelectricity)は、夜間・休日昼間などの需要の少ない時間帯に電力系統の電力・周波数・電圧・力率の調整のため、他の発電所の余剰電力で下部貯水池(下池)から上部貯水池(上池ダム)へ水を汲み上げておき、平日昼間・夕方電灯点灯時などの需要が増加する時に、上池ダムから下池へ水を導き落とすことで発電する水力発電方式である。