インターネット放送局の開設について
 新玉の年を寿ぎ、初夢プレゼンテーションとして、標記についてご案内を申し上げます。
 昨年12月6日に岩手県立大学ソフトウエア学科教授佐々木淳先生の講演による「ICTからIOT、その先へ。インターネット時代の地方創生戦略を考える」セミナーが紫波町商工会の主催で開催されました。その講演を聴講いただいた方から「地域インターネット放送局」の取り組みに賛同をいただきご支援を頂けることになりました。
 そこで、運営組織として法人格の「いわてインターネット放送局」を立ち上げ、shiwa.tvと yahaba.tvを開設する準備を整えております。地域インターネット放送局が開局すれば、農業有線放送が廃止された場合でも、現在、急速に普及しているスマホやタブレットを使用し、これまでの有線放送と同様に霜注意報などの農業情報の伝達が可能になります。また、日常の生活情報をリアルタイムに伝えることが出来ますし、さらには、大雨や台風などの災害情報の発信手段として災害対策の一助ともなります。
 なお、事業プランの概要は下記をご覧ください。

 ただし、支援の条件としてインターネット放送局の有効性を実証するために視聴モニターとして賛助会員500名を集めることを求められました。初年度は無償とし、次年度から月200円の会費となります。つきましては、現在、有線放送に加入している方など身近な農業情報を必要としている方々にお知らせをして頂き、加入のご案内をして下さいますよう、お願いを申し上げます。
 また、農業情報ばかりではなく 生活情報、災害情報を発信できることから、一般の方々が賛助会員になって頂けるよう行政と商工会からのご支援もいただきたくお願いを申し上げる次第でございます。
2018年1月2日
インターネット放送局 iwate.tv
代表 佐藤祐輔