各自治体 御中
インターネット放送局 iwate.tv 代表 佐藤祐輔
〒028-3305紫波町日詰字郡山駅209

事務所 有限会社佐藤時計店
緊急時の情報伝達、日常の情報発信のご提案
 爽やかな秋を迎えましたが、秋は災害の季節でもあります。特にも今年は猛暑の夏から「過去に経験のない大雨」と表現されるゲリラ豪雨や竜巻が日本列島各所を襲い、先日9/16の台風18号の襲来においては、気象庁から初の「特別警報」が発せられ、各自治体には住民への情報伝達の義務が課せられました。多くの国民は「直ちに命を守る行動」と呼びかけられても戸惑いを感じています。
 そこで、国民の一人一人が災害に対応できる情報を提供する仕組みのご提案を申し上げます。それは、インターネットを利用して、急速に普及が進んでいるスマホ(多機能携帯電話)を活用するシステムです。
まず、住民が身近に起きている災害の情報をスマホのカメラで撮り、画像を行政に送信します。
(例) 紫波のスマホ8.9水害情報
http://shiwa.mobi/e-safety/patrol/v128/bbsprev.cgi?thno=2
行政は画像のGPSデータから場所を特定し被害の状況を把握し、迅速に効率よく対処します。その状況は、インターネットを通じて住民へリアルタイムに伝達します。
(例)ふるさと交流WEB回覧板
http://shiwa.mobi/e-gov/kairan/index.htm
 しかし、災害時に実効を上げるには、日常生活で利用されるシステムの中に組み込まれている必要があります。それを可能にするのが、地域情報ポータルサイト「インターネット放送局」です。下記がサンプルです。
(例) 紫波スマホラジオ
http://shiwa.tv/sp/

次へ
詳細は、電話 019-676-2838へ または、
メール info@iwate.tv にお問い合わせ下さい。
2013/09/20