7/20国土交通省ホットラインステーション→8/18総務省
 私は、岩手県盛岡の近郊に在住している者です。ITによって世の中を変革できると考え、長年にわたり研究をして参りました。3.11を体験し、その考えが一層深くなり、オリジナルの無償アプリを開発し、各方面にご紹介しております。非常時の備えは、日常の社会システムの中にあるべきと考え、スマホ活用と音声コンテンツを利用した下記のWebアプリ「地域安全パトロール」を作成いたしました。
http://shiwa.mobi/e-safety/patrol/
 折しも、2013年4月1日のNHKクローズアップ現代において「ガバメント2.0 市民の英知が社会を変える」という番組が放送されました。私の考えを後押しされたように感じました。
 その後、岩手県の地方紙、岩手日報に「道路破損 市民が報告」という記事が載りました。岩手県の北上市が取り組みはじめたスマホを利用したシステムの紹介でした。県では民間委託をして道路の破損状況を把握しているとのことですが、同市が県と同様に1,900キロの市道の監視を民間業者に委託すると年間約4千万円の費用が掛かることになると報じております。同市にとっては大きな負担になるので、スマホのカメラ画像のGPS機能を活用して市民の力を借りて把握するシステムをパソコン購入費など70万円の予算で開発し、来年3月までに運用を目指すとのニュースでした。
http://shiwa.mobi/e-safety/patrol/patrol.html
 財政に余裕のない自治体において、「地域安全パトロール」のノウハウをご利用いただきたく、ご案内を申し上げた次第です。その他にもいろいろなオリジナルなアプリを作成いたしております。
①スマホを活用した防災システムサイト
 http://shiwa.tv/sp/safe/
②地域ポータルサイトとしてのスマホラジオ
 http://iwate.tv/tv/radio/index.htm
③スマホによる地域連絡網「ふるさとWeb回覧板」
 http://shiwa.tv/sp/kairan/index.html
④東海地震の津波に備えての救命胴衣の提案
 http://shiwa.tv/e-column/13-07-07kyumei/
私は齢68歳、世の中のためになるイノベーションを興して人生を終えたいと考えております。
提案は以上です。
ps.下記にアクセスすると音声で聞けて各コンテンツにリンクが張ってあります。
http://shiwa.mobi/diary/2013/13-07-20kokudo-kotusho.html
 受付番号は下記になります。
この受付番号はお問い合わせの際にお申し付け頂きますと
確認が容易になりますので、お書き留めまたは、印刷をして保存しておいてください。
あなたの受付番号は 1307190600027です。
ご意見(ご要望)ありがとうございました。
https://www.mlit.go.jp/hotline/hotline0603.html