文部科学省 御中 「ITが教育を変える」
 私は、岩手県盛岡の近郊に在住している者です。ITによって社会は変革すると考え、長年にわたり研究をして参りました。3.11を体験し、その考えが一層深くなり、オリジナルの無償アプリを開発し、各方面にご紹介しております。
 昨今、あらゆるものがITによって変化が起きております。「今でしょ」の一言でブレークした学習塾は、講師がビデオカメラの前で講義し、受講生は通信衛星で送られた画像をサテライトで見て学ぶ方法です。また、最近のテレビの漢字の書き方の番組は、現代の日本人に欠落していた学習の再教育になっています。英語教育もゴルフプロの宣伝が効いてITを活用した教材がヒットしています。今までは、分からない文字があれば辞書を開いて調べていましたが、今はスマホやパソコンでインターネットを開き、素早く内容も豊富に調べることが出来ます。
 一方、家庭の教育費の負担も社会問題です。その解決策として、学びたいときに、いつでもどこでも誰でもが学べる環境を身近に作り出すオリジナルのコンテンツをご紹介いたします。
インターネット学習塾
http://iwate.tv/e-kyoiku/
その運用は下記との連動によって成果が上がると思われます。
地域ポータルサイトとしてのスマホラジオ
http://iwate.tv/tv/radio/index.htm
折しも、2013年4月1日のNHKクローズアップ現代において「ガバメント2.0 市民の英知が社会を変える」という番組が放送されました。私の考えが後押しされたように感じました。
http://shiwa.mobi/diary/2013/13-04-01gov2_0/index.htm
以上、今後の教育のヒントとして提言を申し上げます。
ps.下記にアクセスすると上記内容が音声で聞くことが出来て、各コンテンツにリンクが張ってあります。
http://shiwa.mobi/diary/2013/13-07-23it-kyoiku.html
https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry33/
教育改革、生涯学習、社会教育、家庭教育に関すること
(1,000文字以上)
 私は、岩手県盛岡の近郊に在住している者です。ITによって社会は変革すると考え、長年にわたり 研究を致して参りました。3.11を体験し、その考えが一層深くなり、オリジナルの無償アプリを開発し、各方面にご紹介しております。
 さて、「今でしょ」の一言でブレークした学習塾の講師がテレビのバライティー番組を席巻しています。その講師の講義では受講生は一人もおらずビデオカメラの前で講義し、受講生は通信衛星で送られた画像をサテライトで見て学ぶ方法であることをテレビで語っていました。ネットでも受講できるけれども、仲間の刺激を受けながらサテライトで学ぶ受講生が多いとも話しておりました。また、最近のテレビの漢字の書き方の番組は、現代の日本人に欠落していた学習の再教育になっていると思います。そして、英語教育もゴルフプロの宣伝が効いてITを活用した教材が出回り、学校教育が遅れをとっているように見受けられます。
 今までは、分からない文字があれば辞書を開いて調べていましたが、今はスマホやパソコンでインターネットを開き、素早く内容も豊富に調べることが出来ます。私が学生の頃の授業は、先生が書いた板書をただただ書き写していた記憶が残っています。単に知識を得るだけの学習は必要なくなります。学校は人間としての生き方を学ぶ場であって欲しいと願います。学業の成績で人間に格差を付ける教育が、ITによって解消される時代が来ると予感します。
 学びたいときに、いつでもどこでも誰でもが学べる環境を身近に作り出すためのコンテンツのサンプルを下記にご紹介いたします。
国語の音声サイト

 http://iwate.tv/e-kyoiku/kokugo/index.html
社会科の学習サイト
 http://iwate.tv/e-kyoiku/shakai/index.html
英語の学習サイト
 http://shiwa.tv/e-kyoiku/english/sp/index.html
 また、その運用は下記との連動によって成果が上がると思われます。
①地域ポータルサイトとしてのスマホラジオ
 http://iwate.tv/tv/radio/index.htm
②スマホによる地域連絡網「ふるさとWeb回覧板」
 http://shiwa.tv/sp/kairan/index.html
折しも、2013年4月1日のNHKクローズアップ現代において「ガバメント2.0 市民の英知が社会を変える」という番組が放送されました。
http://shiwa.mobi/diary/2013/13-04-01gov2_0/index.htm
私の考えが後押しされたように感じました。
以上について、ご提言を申し上げます。
ps.下記にアクセスすると上記内容が音声で聞くことが出来て、各コンテンツにリンクが張ってあります。
http://shiwa.mobi/diary/2013/13-07-23it-kyoiku.html